ブログが書けない時に試すべき3つのこと

ライフハック

広告代理店で働いており、自社媒体を作るメリットを感じている中、自分自身のメディアを制作しようと思って早数ヶ月。

なかなか思ったように記事が書けません。

同じようにブログを書こうと思っているけど続かない人も多いでしょう。

そんななか、チャンドラー方式というやり方を知りました。

これは良いと思い実行しましたが、ある範囲ではそれがうまく行きある範囲ではうまく行かないということが起きました。

それを紐解いて行けばやりたいことの妨げになることを解消出来るのではないかと思います。

生産的になるにはこの3つを守ろう!

習慣化できている生産的な趣味の例から一般則を導き出しました。

私の音楽制作においてはチャンドラー方式がハマり継続して出来ている、かつ、成果物も出せていると感じています。

ブライトスポットに目を向けてうまく機能している部分はどこだろうと模索してみると下記3点が機能する良い仕組みだと感じました。

  • ひとつのテーマに絞る
  • 制作物を計測する
  • 終わりを決める

現在、毎日1時間音楽制作をするようにしています。本日の成果物を出力して翌日聴けるようにmp3で出力しています。それを曲が完成するまで続けています。

基本的には同じファイル名なのでタイトルのあとに(1)などが自動でついてきます。

これの良いところはこの曲に対して何時間掛けているかがわかるという点です。

ひとつのテーマに絞る

音楽制作に関しては一つの作品に対して、ある程度できるまでは継続して時間をかけていた。

ブログに関してはその時思い浮かぶテーマを書き散らしていました。

文章を書くことに慣れていないのですぐに飽きてしまう、あるいは改善方法がわからないから苦痛になってくるというところが理由です。

その結果、どの文章もまとまらず、別のことを考えるなどしていました。

これが非常に良くなかったです。

チャンドラー方式でブログを書く時間を決めていましたが、それでも筆が進みにくいことが多かったです。

ブログ執筆に時間を当てるだけだと、まだ広すぎて手がつけられないのです。

動力は何をやるか明確になったときに生まれます。アイデアがなくても、これについて書く、というテーマくらいまでは絞らないと動力にならないと気づきました。

制作物を計測する

時間がかかることだと理解をしないといけません。

私の場合、音楽はもう何年も制作してます。

良いものを作ろうと思ったらある程度時間がかかることがわかっています。

一方ブログはまだまだ初心者。なんなら、文章だし、というので簡単にできるものと思っていた節があります。

かつメディアを価値あるものにする上で、記事数を量産しないといけないとも考えています。

結果的に焦りが先行し、ある程度見切りを付けて浅い内容を発信したり、完成にまで持っていけないことがしばしばあります。

それを解決するには、時間をかけるごとに文章が良くなっていく変化を楽んだり、私がどれくらいの時間があればどういったクオリティの内容を生産できるかを把握する必要があります。

終わりを決める

無限に改善できるコンテンツ制作において時間を仕切って制作することは必須です。

80対20の法則のように8割のクオリティは2割の作業量で出来るので、詰めの作業に時間が取られないよう終わりを決めましょう。

どんな稚拙な形でも世に出すことが出来る昨今、程度クオリティを担保するために一定の時間をかけることも必須です。

上記の理由のため、一定程度時間をかけて作ったファイルにナンバリングをして、ナンバー10までには完成させる、など決めておくと良いでしょう。

コンテンツ制作において重要な目安になるのです。

ちなみに私は下記のアプリを使って時間を計測しています。

気づきのきっかけ

得意としてる音楽制作と不得意なブログを書くのとをする時の私自身の大きな違いは3点ありました

  • 音楽制作は時間がかかることがわかっているが、ブログは簡単に書けると思っている
  • 音楽制作はアウトプットするごとに変化を楽しめているが、ブログは書いていても変化を楽しめていない
  • 音楽制作は脇目をあまり振らずに一つの楽曲に集中できるが、ブログは他のテーマに目移りしてしまうことが多い

自分の平均的な能力を把握しよう!

生産性を上げるには自分をまず知ることが必要です。

平均的に皆さん2000字の記事を書くにあたって何時間はかける、というような統計はあります。

が、わたしと他人は違います。

もちろん参考にすべき数字ではあると思いますが、絶対ではありません。

まずは私自身が何時間かければ平均的にクオリティの高いものを制作出来るかを見極める必要があります。

スペック記載表例

かかった時間かかった日数字数
記事A8時間3日2000字
記事B10時間4日3000字
記事C6時間2日2200字
平均8時間3日2400字

ダイエットしてるとその日の体重が増えた、減ったで一喜一憂することが多いです。それを解消するために私は平均で体重を見て長い目で痩せられればいいや、という気持ちでトライして15キロやせたことがあります。

能力も同じように、一ヶ月平均くらいで自分の能力を測って改善していくのがよいです。

上記の表のように一ヶ月毎に平均を出して自分の能力を出していくと、今日は生産性が高かった、低かったなどで一喜一憂せず継続していけると思います。

コツとしては

  • 計測項目を細分化しすぎないこと
  • 厳密に測りすぎないこと

です。

ブログしかり音楽しかり、厳密には机に座っている時間以外にも思考していることがあると思いますが、かなり計測しにくいです。

そこでストレスを感じるくらいであれば、何時間机に座って作業すればこれくらいのものができる、くらいの計測のほうがよいです。