ブログ記事を量産するための4つの疑問をロジカルシンキングから学ぶ

ライフハック

ロジカルシンキングの本を読んでこれはブログに使える!と思った一節を紹介したいと思います。

この書籍はメッセージとはなにか、とかどういう風にしたら伝わりやすいコミュニケーションができるか、などが書いてある。

その中で

ほとんどの文章は4つの疑問のどれかに答える

というものがある。

4つの疑問

状況複雑化(疑問へとつながる事柄)疑問
しなければいけない仕事があるその仕事の妨げになるようなことが起きたどうすればよいか?
問題がある解決方法を知っている解決方法を実行するにはどうすればよいか?
問題がある解決方法が提案されたそれは正しい解決方法か?
行動をとったその行動は効果がなかったなぜ効果がなかったのか?

ピラミッド構造はどうやって作るのか?

ロジカルな文章とは結論が頭にあって、その下に支える根拠が複数ある、というピラミッド構造を成している。

その文章を作るにあたっての構造の作り方が下記引用文になる。

主題(テーマ)を明らかにせよ
「疑問」が何かを決めよ
「答え」を書いてみよ
「状況」と「複雑化」によってその「疑問」が導かれるかどうかをチェックせよ
「答え」が妥当かどうかチェックせよ
キーラインを埋める作業に取りかかれ

ロジカル・シンキング

例えば、ダイエットをしたときに効果が出なかった内容でブログを書くとしよう。そうすると選ぶべき疑問は「なぜ効果がなかったのか?」になる。

答えとして、筋トレをしていたけど、カロリーがオーバーしていた。ということにする。

筋トレをしたが痩せなかった。なぜ効果がなかったのか。という自然な流れになる。

答えの妥当性はダイエットの原則がカロリーオーバーか否かで痩せるのが決まる、ということで妥当。

というような流れができる。

導入部はどう構成すればいいのか?

また、話の導入が記事を読んでもらえるかにつながる上で、導入部分の作成も伝わりやすいものが必要になる。

「状況」を述べよ
その状況で、「複雑化」が発生し、
その複雑化が、「疑問」を引き起こし
その疑問に対し、あなたの文章が「答え」を出す

ロジカル・シンキング

お腹がたるんできたのでダイエットをすることにした。今回は筋トレで贅肉を落としてくびれのあるセクシーなシックスパックを作りたいと思う。

しかし、どんなに筋トレをしても全然痩せない。。。

なぜ私は一日100回も腹筋をしているのに痩せないのだろうか?

それはダイエットの原則を無視したアプローチを取っていたからだ!

という導入分が完成し、文章が展開していく。

まとめ

この4つの切り口を知るだけで、ブログは量産できると思う。

ダイエットをとっても

  • 痩せないないといけない→ついつい食べ過ぎちゃうのが原因→どうすればよいか?
  • 太りすぎて服が入らない→痩せる方法は知っている→ではどのように実行すればよいか?
  • 太りすぎて服が入らない→糖質抜きダイエットが提案された→それは正しい解決方法か?
  • ダイエットをした→痩せなかった→なぜ効果がなかったのか?

というように簡単に4つの記事ができる。

私自身も使っているフレームワークなので、ネタに悩んでいる方はぜひお試しあれ。

ロジカルシンキングも必見です!