Majestouch MINILA Airを3ヶ月使用して失敗したと思った2つのこと

レビュー

以前紹介した記事でもあるが、今まで使用していたキーボードのキーの押し心地の悪さ、テンキーがあることによってのマウスを持つ際の腕のストロークの大きさから長時間使用が非常にだるく感じていたのでメカニカルキーボードを買った。

メカニカルキーボード自体は非常に良いものであったが、2つだけ後悔していることがある。

ここでは何に後悔しているかを記載するので参考までに。

青軸はとにかくうるさくて恥ずかしい

買った翌日、さっそくオフィスに持っていって使用したら、すごい音がしますね、とかクスクス笑い声が聞こえてきた。うちのオフィスは基本静かなので、周りがうるさかったり音楽が流れていれば騒音の一つ程度に済むのだと思うが、静かな中で青軸のキーボードは本当に恥ずかしい気持ちになる。

まあ、それも最初の2〜3日であとは気持ちの問題で慣れることは慣れるが。

押し心地は本当に良いと思う。cherryのスイッチを使用しているFILCOのキーボード自体はとてもよい。ただただうるさい。

そこまでコンパクトじゃなくてもいいかな

個人的にはテンキーがないくらいのコンパクトさでも問題なかった気がする。親指ファンクションとか使用頻度少ないし、なんならMac使用なので変換キーがFnの部分にあたるので間違えて押すことが3ヶ月くらい使ってても全然ある。まぁ、間違えて押しても特に問題がないボタンなのでそんなに支障はないが。

バックスペースとかはやはりあると便利かな、とは思うしスペースキー周りもできれば従来のキーボードの仕様のものが良かった。

次購入するなら

非常にコスパの高いFILCO。前の記事でも書いたけどBluetooth接続でコストも考えて選ぶと自ずとFILCO一択にはなると思う。

  • 無線
  • メカニカルキーボード
  • 低価格

この3条件を満たし、かつ満足度の高い商品は

Majestouch Convertible 2 Tenkeyless の赤軸

が良いと思います。