会議が定例になってきたら会議にタイトルをつけよ!

会議が定例になってきたら会議にタイトルをつけよ!

会社の部長になってから、最初は目的を持って始めた会議。

いつしか主題を忘れてしまい、定例と化し今週は何しよう。と考え始めるようになってきた。

そんなことを会社の専務に話すと、会議にタイトルをつけたらよい!そうすれば話すべきことがわかるし、タイトルがつかないような会議は時間をとるだけ無駄。という話をいただいた。

た、たしかに!とその時はビビビッときたのだが、これは正しい解決方法なのだろうか。

タイトルを決めなくても話すべき内容が決まっていたら別によいのでは?

例えば営業会議。

  • 月次、週次、日次レベルでの売上の共有
  • 主要クライアントの対策
  • 共有すべきことの共有

など話すべき!と思われそうなことは幾つかある。

ただ、会議という場は人数が集まって、その集まっている人たちがいるからこそ決まる何か、がないといけない。

つまり上記で挙げた内容で言えば、メールやチャットベースでもまったく問題ないことになる。

テキストベースの共有は見ないのでは?

これはありえる。だが、見たり聞いたりしたところで、どう変わるかが明確でないと馬耳東風。

そもそも何かを決める、ということと情報を受け取るというのは話が違うものになる。

タイトルをつける、というのはどういうことになるのか

例えば、粗利1,000万円必達会議!
であれば1,000万行くにはどういう行動をする必要があるのか、
を決める必要がある。

ノーミスウィーク会議
であれば、ミスを洗い出して
ミスの原因が何で、どうすれば対処できるのか
という行動が決まる。

採用会議
どういうビジョンがあって何人ひとが必要なのか
が決まる。

ホワイトボードを使っていたら、主題を忘れないとは思うが、口頭ベースで進んでいく会議だと特に脱線しやすい。

それを防ぐ意味でも会議にはタイトルをつけて道を見失わないことがよい。

会議は永遠に続くのか?

永遠には続かない。なぜなら決めたいことが決まったら会議の目的は終了するからだ。もちろん、次々に課題がでて会議が名前を変えて続くことがあるし、逆にそっちのほうがPDCAサイクル回せていて望ましい結果とも言える。

なので定例会議、ということは本来ありえない。

あなたも会議で迷ったら、タイトルをつけるか、定例化するのをやめたほうがよいです。

ライフハックカテゴリの最新記事