7回読み勉強法のメリット

NO IMAGE

本を読んでいても眠くなる。読んでいても身になっているかは定かではない。読んでいて意味があるのか。と自問自答することが多い。読みたい本はたくさんがるが読んで意味あるのか。と思うことが多い。

そこで出会ったのが7回読み勉強法。最初の1〜3回は流しで読んで、4〜5はそこそこ読み。6〜7回目は精読。という感じ。書籍やいろんなブログにあるから詳しいやり方は読んでみてほしい。

私が良いな、と思ったことは、何度も読むということ。自分の成功体験で、英単語を覚えるのに、ひたすら繰り返し読んで網羅的に記憶したことがある。センターは英語200点取れるくらい自身がついた。

書籍となると、英単語覚えるのとは違うし、という感じでそんなメソッドで読んでは来なかったが、実際この読み方は良い気がする。

第一に精神的なプレッシャーがない。最初の方は本当に流し読みで良いから。

第二に読書してる感に浸れる。現状読書メーターで自分の読書記録してるけど、ページが重なることで読める環境が作れてくる。

いい循環ができつつある。

ライフハックカテゴリの最新記事