ACIDMANのギターサウンドを作るエフェクターまとめ

  • 2018.07.09
  • DTM
ACIDMANのギターサウンドを作るエフェクターまとめ

 

以前発売されたエフェクトボードファイルにACIDMANのギターボーカル、大木信夫さんの新世界ツアー時の足元が詳しく解説されてた。仕様しているエフェクターが書いてある雑誌はいくつもあれど接続順まで書いてあったのは初めて見た。大木さんの音が作りたい!という人は参考までにどうぞ。

①Boss Digital Delay “GIGA DELAY” DD-20

②Hughes&Kettner  TUBE FACTOR

③CUSTOM A/B Box(ギターテックの自作オリジナル)

④BOSS Loop Station RC-30

⑤CUSTOM A/B Box(ギターテックの自作オリジナル)

⑥BOSS RC-2

⑦PROVIDENCE Loop Box(現在は販売されてない?)

⑧Lehle Sunday Driver SW

⑨KORG pitchblack PB-01

⑩MXR  M-109

⑪Electro Harmonix POG 2

⑫BOSS TR-2

⑬BOSS DD-5(現行はBOSS Digital Delay DD-7)

⑭EBS DYNAVERB

⑮Providence PEC-04

⑯ELECTORO-HARMONIX Big Muff π

⑰VHT ValvulatorⅠ(現行はFRYETTE V1 VALVULATOR I)

⑱EX-Pro PS-1

⑲SOVTEK Big Muff

Patch Cable PROVIDENCE

Shield Cable BELDEN CUSTUM AUIDIO ELECTORONICS

Main Guitar RICKENBACKER 360

Main Amplifier FENDER super-sonic ORANGE AD140

ギターの入り口はエレキもアコギも同じだそう。参考にした雑誌には書いてなかったが、アコギはサンデーリールを通すと別の雑誌に書いてあったので、スーパーソニックの方でアコギを出力しているのだろう。

また⑤のABボックスを使って、オレンジとスーパーソニックの両方を出力するときもあるそう。なんの楽曲でやっているのか気になりますね。なんかの雑誌で奥田民生さんも2つのアンプから出力してる、みたいな記述をみたのでこういうのって結構やってる人多いのかもですね。

オクターバーはストリングスの様な音色を出すためとある。シーンオブ新世界でSUSYの間奏をバイオリン、チェロを弾く時に使う弓で演奏していた描写があったので、そこらへんで使われているのかも。

ABボックスがギターテックオリジナルとあるが、この書籍ではABボックスの作り方なども書いてありました。意外と構造は簡単なんですね。

正直この類の本は本屋で立ち読みすればいいや、と思っていたのですが、詳細な解説と77人の現役バリバリで活躍されてるロックアーティストのエフェクターが解説されてて面白かったです。

なにかと話題のサカナクションもありましたし、HaKUやZAZENBOYS、cinema staff、[Champagne]、BUMP OF CHICKEN、クリープハイプ、9mm Parabellum Bulletなど多岐にわたるミュージシャンの足元の解説から皆が使ってるエフェクターランキングみたいなのもあってエフェクター選びに迷ってるあなたに参考になるかと。

あと一見難しそうなプログラマブルスイッチャーの解説もあります。エフェクターをたくさん持ってるバンドマンは必見ですね!私のようなDTMerには必要ないかもですが。。。でも気になる…!

最近大木さんの足元チェックしてなかったんですけどバッファーアンプとか追加されてて驚きでした。

DTMカテゴリの最新記事