アイデア like a 流しそうめん

アイデア like a 流しそうめん

少ないブログ更新頻度でわかったこと

ブログを初めれば続ける必要があるため、日常を過ごしていても無意識的にブログのネタ探しができるようになるんじゃないか、というのがここ数ヶ月の数少ない更新頻度で誤りだとわかった。

かなり強い外部要因(ブログを1日1回更新しないと上司に怒られる、など)や内部要因(ブログで成り上がるのが夢、など)がないと自発的なネタ集めが身につかないのではないかと思う。

下記記事にもあるように、自分の思考をどれだけピックアップできるかを意識しないとネタは生まれない

 

GTDでインボックスに入れるものが無いという問題

 

アイデアは流しそうめんのようにやってくる

ブログのネタ、GTDにおけるインボックスの話だけに共通するものではないと思ってはいる。例えば、面白い話ができるようになる、ビジネスアイデアとか、自分の思考をピックアップできるかどうか、これができるかできないかで生産性は大きく変わるように思える。あなたは流しそうめんを食べたことがあるか?なぜそうめんが流されるべきなのかはわからないが、アイデアは流しそうめんのようなものだと思う。流れてきたそうめん(アイデア)を箸(ツール)ですくう(インボックスに入れる)。別にすくわなくてもいい。ただ、腹(懐)は満たされない。流しそうめんをぼーっと眺めているわけにはいかないのだ。

 

ネタを考えるのは改めて考える必要がないほど簡単

パソコンの前でウンウン頭を捻っていても考えは出てこない(やる気もでない)ので、できるだけ歩いている時やお風呂に入っているとき、タバコを吸っているとき、トイレに行っているときはブログネタになりそうなことを考えていた。ブログを書くか、って思った時に考えるというのが一番だめで、普段から考える。そこが肝だ。そしてこれは実は結構簡単。ネタを考えるってのは一見頭を使いそうな作業で難しそうだ。だけど、人間ってのは、みんな考えが違っていたり、似通っている。自分が何かに対して考えたことを披露する。それだけで、共感も反感も得る思考になりえるのだ。つまり、自分が何に対してどういうことを考えているかを、拾う。それだけで良い。

 

無意識的に思考したいなら、まずは意識すること

意識して考えてわかったことがあるが、意識しないと自分の考えなんて拾えない。そもそも拾わなくても生きていけるし、拾ったものを活かす方法を大抵は知らないと思う。だから、日々膨大な量を考えているにもかかわらず、いざ自分の考えを記述しようとした時に何もでてこない。ただ、自分の考えを拾ういたいと思うなら、まずは意識しよう。いずれは、自動運転で自分の思考をピックアップできるようになるが、今はまだよちよち歩きの若葉マークだ。

未分類カテゴリの最新記事