デザインとは、色付けたり派手に見せたりすることではない

デザインとは、色付けたり派手に見せたりすることではない

イケてる広告マンになるための備忘録。とあるデザインプロダクションの社長に良いこと教わったことです。

みんなデザインで色付けたり派手に見せたり・・・する仕事と思ってるんだけど、デザインは整理整頓の仕事です。

情報を整理するだけの仕事でその整理するものが内容であり企画です。

3流は絵からはいります。なんか目立つように!とか斬新な!とかね

確かにそれもあります・・・がそこに新しいものはいままでやっていなかっただけで、実際は探せば必ずどこかがやっています。

2流はその絵と内容の紐付けが上手です。コンセプトがあるっぽいデザインに作って見させるテクニックです。

若い女の子が雑誌風に見せて、表に情報で、それが裏で説明、今迄に無い層の獲得しましょう!的な。なんとなくのコンセプトでごまかしにかかるテクニックがあります。

1流はそのコンセプト×デザインが唯一無二になります。私たちの斬新って実はここなんですね。

デザインだけで唯一無二・・・無理っすデザインの歴史は古代象形文字から始まってます。新しい物なんてもうほぼないです。コンセプトだけが唯一無二・・・これもハードル高い!!但し、この2つがかけ合わさったら初めて斬新です。

超一流は一流をプランニングしてブランディングして、結果を残す人です。

役職的には
3流=デザイナーor営業
2流=アートディレクターorディレクター
1流=クリエイティブディレクター
超1流=プランナー

になります。

その為にその商材の事を考えるのは毎日服着ていく位当たり前の事です。

は、励みます……!

広告のお仕事カテゴリの最新記事