CATEGORY 未分類

ブログ記事を量産するための4つの疑問をロジカルシンキングから学ぶ

ロジカルシンキングの本を読んでこれはブログに使える!と思った一節を紹介したいと思います。 この書籍はメッセージとはなにか、とかどういう風にしたら伝わりやすいコミュニケーションができるか、などが書いてある。 その中で ほとんどの文章は4つの疑問のどれかに答える というものがある。 4つの疑問 状況 複雑化(疑問へとつながる事柄) 疑問 しなければいけない仕事がある その仕事の妨げになるようなことが起 […]

転職とディスカバリーチャンネルのエド・スタッフォード

私は広告代理店で働いています。 自分のやりたいようにやれる環境が今の職場ではあるが、弊社がマスからイベントから大々的にできる会社かと言われればそうではない。(いちお行えますが) 自分のやりたいように働ける会社ではあるし、ポテンシャルもあるとは思う。環境は悪くない。 だからこそ思うのは、自分次第で環境を作ることができるのだから、同じような業界でやりたいことができたら職場を変える、というのは自分の努力 […]

悩みの「5w1h」を考えて記事を書いていますか?

「ブログ ネタ」などで検索するときに思うこと ブログのネタ探しに困ったときは、「ブログ ネタ」などで検索することが多いと思う。ただ、読んでいると、ニュース記事を参考にしよう、地元の情報を書こう、自分なりのライフハックを書こうなど、ふーんって思いながら読むことが自分は多い。その記事自体に即効薬のような効果はない。ただ、切り口としては優秀。ネタの切り口に自分の経験を当てはめて浮かぶものがあれば、それを […]

アイデア like a 流しそうめん

少ないブログ更新頻度でわかったこと ブログを初めれば続ける必要があるため、日常を過ごしていても無意識的にブログのネタ探しができるようになるんじゃないか、というのがここ数ヶ月の数少ない更新頻度で誤りだとわかった。 かなり強い外部要因(ブログを1日1回更新しないと上司に怒られる、など)や内部要因(ブログで成り上がるのが夢、など)がないと自発的なネタ集めが身につかないのではないかと思う。 下記記事にもあ […]

俺、エッチコンサルタント!

良いところは抜群に飛び抜けた良いところじゃない限りスルー ひとの良いところ、悪いところに気がつく。悪いところは誰だってわかる。感情的にも不快感は残りやすいのであいつのここが駄目と言いやすい。それは些細なことであっても。反面、良いところというのは抜群に飛び抜けた良いところじゃないとスルーされがちな気がする。少しくらい気が効いたところで常識の範囲、と思われたら何事もなかったかのように終わる。私は管理職 […]

GTDでインボックスに入れるものが無いという問題

やりたいこと、やるべきことのすべてが記録されている。それを実行するためのフィルター、リマインダーを兼ね備えているツールがOmnifocus。GTDという概念を知って以来、実行を心がけているものの、なかなか続かないというもの現実。完璧とは言わず、継続できればかなりパワフルなツールになると信じているので、今つまずいている収集における難点を記述したい。   GTDを続けられない最大要因 圧倒的 […]

「スキル習得」は「学習」でもなければ「トレーニング」でもない

やりたいことがあっても今から始めてどうなるものか やりたいことが多すぎてどこまで手を付ければいいのか、と常に思います。そして結局なにもしない。不合理。与えられた時間をどう過ごすか、人生の充実度が問われるような気がする。そんな時に出会った「20時間」。新しく何かを習得しようと思ったら20時間で大抵のことはできる。まずは初めよう。失敗は失敗ではなく、やらないことが失敗なのだ。やってから続けるかやめるか […]

30代を後悔しないリストを活用しよう

調査概要/調査対象は自営業者を除く全国の有職者1986人。回答者は男女比52:48、平均年収431万円(年収500万円未満が77%)、平均年齢36.1歳。調査時期は2011年12月。gooリサーチとの共同調査による。 http://president.jp/articles/-/9732 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ 人生の先輩が後悔してきてることなんて、今どき調査されて浮き彫りになってきて […]

部長になったから経営者の条件を読んでみる

  部長になりました。 会社を粗利体質にするため、マネジメント力をつけよ! という謎の司令のもと、研修が行われる予定。   弊社の専務が研修するにあたってベースとなる教材が 経営者の条件、なるものらしい。   深くは読み込んでいないが要約すると 成果を上げるには ・何に時間を取られているかを知り、残された時間を管理する ・自分の貢献は何ができるかを考える ・自分の強み […]

tips 校了後の修正を防ぐ対応

校了後に修正が入る。 広告代理店に取ってはよくあることだ。 その解決策は、校了日と下阪日を分けることだ! ただ、校了日でもないのに、 下阪日を分けるというのは時間がかけられなくて 損をする、という認識をクライアントに持たれかねない。 そういう場合は、下阪日前日校了であればお値引きする、 というのが良い。 期日を前もってやりきる、というのはインセンティブがなければだめだ。 ネットプリントとかだと納期 […]