8記事書くだけで上位10%のブロガーになる方法

8記事書くだけで上位10%のブロガーになる方法

8つの記事を書くだけで上位ブロガーになる方法です。

 

ブログが続かないのはネタがないから?

ブログをやるからには続けたい、でも書くネタがない

ブログをやるからには継続してやりたいけど、なかなかうまくはできない。

ネタもないしさ。

継続的にブログがかければうまくいくって言うし。。。

そもそもどれくらいアップし続ければ継続したと言えるのか?

ブロガーの生存率はどのくらいか

下のグラフは何ヶ月ブログが続いているかです。縦軸がブログ数、横軸が継続期間、綺麗な曲線を描き、だんだんと下がっていっているのがわかります。

また、次のグラフは、何ヶ月続けたらブロガー全体の何%に入るかというグラフです。

大体

  • 3ヶ月続くブログは70%
  • 1年間続くブログは30%
  • 2年間続くブログは10%

くらいとなってます。しかもこの条件、3ヶ月に一回書けばとりあえず継続とみなすという激アマ条件ですからね。 いかに継続だけでも困難かが分かります。

参照 http://www.procrasist.com/entry/blog-analyzer

なるほど。3ヶ月に1回ブログを更新するだけでもこんなに少ないものなのか。

上位10%に入るためのゴール

やはり上位を狙いたい…!

ここではわかりやすく8記事書くことをゴールにする。

理由は上記で言うところ、3ヶ月に1回書いて、それが2年続けばいいのだから、

短期間で8記事書いて、予約投稿で3ヶ月毎に配信すれば

それでもう上位10%に入るブログになるからだ!

 

 

ストレスフリーでブログを更新する

8記事で上位10%と銘打ったものの今の自分には1記事書くだけで精一杯。

そこで今の自分にとってのストレス要因をまとめる。

・ネタ

・文章構成

実際問題となるのはこの2点だろう。

 

 

ネタ準備

お役立ち情報を載せたいとは考えているので

ネタ探しでよく聞く、ニュースの感想などはあまり載せないつもりだ。

いくつかのサイトを参考にしてこれらだったらやれるのでは?

と思った記事と共に何をしていくか記載する。

 

写真を撮りまくる

下記サイト、結構面白くて、特にネタの探し方は参考になった。

ネタがなくても月3万円を稼ぐブログなら誰でも作れる。後はやるかやらないかだけ-寝ログ-

  1. 身の回りにあるモノの写真をデジカメで撮りまくる
  2. 写真に撮ったモノを徹底的に使い込む
  3. モノの使用感を自分の感じたままブログに書き殴る

写真を撮りまくった後は、2~3の、2ステップになります。もしあなたが、そのモノを既に使い込んでいるのだとしたら、手順3のみをただひたすらすればOKという簡単な手順です。

以下では、各手順について詳しく説明したいと思います。

 

身の回りにあるモノの写真をデジカメで撮りまくる

とにかく、身の回りにある家中のモノというモノを手持ちのデジカメに納めてください。ブログに書く直前に、写真を撮るという方法もあるのですが、僕のお勧めは、先にモノをある程度撮り貯めてしまうことです。

そうすることで、今自分がどんなものを持っているかの物品リストになりますし、ブログにレビューを書いた後は、写真を削除(もしくは他フォルダに移動)すれば、残ってるモノが一目瞭然です。

写真は、できれば綺麗に撮れた方がもちろん良いです。しかし、それが厳しい場合は、そこまで綺麗な写真にこだわる必要もないと思います。

とにかく、写真は説得力を持たせる道具として使います。「僕はこの商品を本当に購入して持っていて、実際こんな風に使ってるんだよ。」ということが、伝わりさえすればいいのです。

訪れた読者は、「実際に物を持っていない人」と「実際に物を持っている人」からだと確実に後者の方が購入してくれます。そりゃそうです。実生活でも実物を持っていない人が「この商品いいよ!」なんて勧めてきても買いませんよね?

僕の場合は、体の都合で自分で写真を撮ることができないので、ヘルパーさんに撮影をお願いしています。女性の方ですし、訪問の少し空いた時間に写真を撮るので、決してカメラに使い慣れたプロのようには写りません。けれど、とても丁寧に写真を撮ってくれます。

正直言って、プロが撮る綺麗な写真よりも、多少素人っぽい方が「実物を本当に使っている感、特有の生々しさ」が出ます。ですので、被写体さえしっかりと写っていれば、写真の上手下手は、あまり気にする必要はないと思います(もちろん上手なのに越したことはないですが)。

うまく写らなかった場合でも、Photoshopなどのソフトで写真を調整したり、ない場合はわずか3手順で暗い写真を明るく補正する方法みたいに、明るさ調整をするだけでも、かなり写真が良くなります。

 

写真に撮ったモノを徹底的に使い込む

写真に撮ったあとは、ブログに紹介する商品を、徹底的に使いましょう。

そして、自分が「どのようにそのモノを使っているか?」「どの機能が使いやすかったか?」「どのような使い方をしたら、より使いやすいか?」「利点は?難点は?」気づいたことがあれば、とにかくメモに書き取りましょう。

今なら、Evernoteなどのクラウドノートサービスもありますから、端末さえあればどこからでもメモすることができます。

そういったメモが、後にレビュー記事を書く種となります。

 

モノの使用感を自分の感じたままブログに書き殴る

あとは、あなたの思いのたけをブログにそのままぶつけてください。人がどう思っているかなど、関係なく「あなたはどう思ったか」を感じたままに書いてください。

そうすることで、あなたの書いたレビューは、あなたのブログでしか読めない文章となり、商品について同じ悩みを抱えている人、あなたと感性が似ている人などが、あなたの文章に共感し、あなたのブログを経由して商品を購入してくれます。

一般の人と比べて僕の場合は、障害で両手足が動かないという、「おおよそ共感できるであろう人が少ない人種」です。しかし、それでいながら売上の統計を見ると、障害のある体で使ってみたことをそのまま書いた記事の商品も売れたりします。検索エンジンから流入した、大多数のおそらく障害のない方にでも不思議と売れたりするのは自分でも不思議です。

 

 

ストレスレスな文章テンプレート

型というかテンプレートがあれば、何を考えて記述していけばいいかがわかりやすい。

そして、理にかなったものがあればよりよく書けると思う。

0から記載するのはなかなか労力がかかるしね。

探していたら良い型がありました。

 

【対談】ブログ記事の書き方は構成でキマる!プロライターが話す基本構成とは?

ブログ記事構成

<オープニング>

  • 悩みから解決、結果、理想の未来像を見せる。

<本文>

  • なぜ、そのノウハウが必要なのか
  • ノウハウはどのような仕組みになっているのか
  • ステップ・バイ・ステップでやり方を伝える
  • 具体的に行動する方法

<まとめ>

  • オープニングと本文を、もう一度要約する』

 

まとめ

ブログの基本コンセプトとして20時間でそれなりの成果を上げることだ。

このプロジェクトのゴールは

20時間で上位10%の継続率を達成するブログになる

 

そして、このゴールを達成するために必要なことは

・ブログのネタは最低でも身近な8個のモノの写真を撮る

・8個の記事を書くため、1記事あたり2.5時間でテンプレートに沿った記事を制作する

未分類カテゴリの最新記事